LINK

破産の申し立てまで訴訟というような法による要求は承認されます。

破産に関する正式手続きに進んで以降、申し込みまでに余計な時間がかかる際には債権人から裁判を起こされる可能性が増加します。

債権人側としては負債の返納もされずに、自己破産のような法律上の作業もしないという状況であると組織の中で終了処理をすることが不可能になるからです。

つまるところ係争が終わりどんなふうな裁定が下されるにせよ破産についての申立人に債務を返す資産はありません。

取り立て屋もそういったことは把握していて訴訟のような無茶なやり方で上手に和解にさせ返済させるとか債務者の血族に肩代わりさせるというようなことを考えているケースもありえます。

(補注)平成17年の1月1日改正された新しい破産の法律では自己破産申請の後は差し押さえなどといった法律上の手続きに関しては実効性がなくなることになるわけです。

だから、過去の破産法の場合と異なり訴訟の提起などといったことをやろうとも無駄になる見込みが高いということになり実際に裁判をしてくる業者は大体いなくなると思います。

そういう観点でも2005年の1月1日に改正となって自己破産は従前と比較して利用しやすくなったと思われます。

督促状による場合ですが、支払督促とは司法が債務人に対して債権の返却をするようにという要求です。

普通の審理をするときとは別で、取り立て業者の一人よがりな主張だけをもとに行うため普通の審理のように時と裁判料金が高くならないので取立人がよく使う法的な手段です。

裁判所に対しての督促の請求があった場合、裁判所からの書類が配達されることになって、送られてきてから14日間が経った場合、取り立て屋は債務人の財(給与も含めて)に関して差押え行動がなせるようになってしまいます。

異議の届出をすることができる場合は普通の裁判に様変わりすることとなります。

(補足)普通な裁判は時間がかかりがちなものですので免責が出るまでには裁定がくだらない可能性が濃厚になることは知っておきましょう。