車の【全損】とは名称の通り全部が破損してしまうことで、結果的に走行出来ないという状況の移動手段の車として役目を果たさなくなった場面で用いられますが自動車の保険で《全損》はちょっとちがった意味合いが込められていたりします。77-19-6

乗用車の保険における車が壊された場合に《全損と分損》という風に2種類に分類され〈分損〉は修復費が保険内でおさまる事を示し、その場合とは逆に《全損》とは修理費が補償額を超える場面を指します。77-2-6

普通の場合、自動車の修理で《全損》と言われるとエンジンに修理できない破損を受けたり車のフレームが歪んでいたりして修繕が難しい場合再利用か廃車になるのが普通です。77-10-6

乗用車の事故が起きてお店や保険屋さんがこのような修復の費用を予測した際に、どんなに表面的にちゃんとしていて修理が可能な状態でも修復の費用が補償金よりも大きければどうして乗用車の保険加入しているのか分からなくなってしまいます。77-12-6

そのような状態では(全損)と判断して自家用車の所有権を自動車の保険屋さんに譲り保険金を支払ってもらうシステムとなっています。77-17-6

当たり前ですがかなりの時間所持した自分の車でこだわりがあり、自腹で修理をしてでも使いたいと考えるドライバーはたくさんいらっしゃいますから状況にて自動車の保険屋さんと話し合ってみるといいでしょう。77-8-6

さらに、保険にはこのような時が想定され特約等『全損』の時のための特約つけている場面があり、予期せず愛車が『全損』なってしまっても新規購入の経費を一部分でも負担してくれるサービスも存在したりします。77-4-6

盗まれた場合の保険額の特約をつけているならば盗まれた乗用車が発見されない時でも《全損》とされ補償される仕組みになっているのです。77-14-6

77-16-677-5-6