LINK
自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と言い略して自賠責保険と言われるものになります。この自賠責保険は属に強制保険と呼ばれ車を定期車検に出す場合は決められた車検の期間に有効な自賠責保険に加入していなければなりません。つまりはすべてのクルマに加入が義務づけられている保険なのです。それでは自動車に自賠責保険がついたまま売りに出した場合はどうでしょうか。強制保険(自賠責保険)は車検時に更新する場合が多数あったりしますがもしも強制保険(自賠責保険)が付いたままの自動車を売りに出したケースでは保険料が返ってくるということは全然ないのが普通です。なぜならば自賠責保険の効力を一度抹消して、新たなオーナーに入れ替える作業は少し面倒なのです。ですので強制保険は名義変更後にクルマと一緒に手放すというのが一般的です。しかしながらそれと同等の金額を買取金額に足してくれます。自賠責保険は自動車税と違って支払った額を月単位で割り算した額が返ってくるのではなく査定に足すといったような手段が使われるケースが一般的ですがこういった内容が見積もりに載る場合は稀です。ですから車買取時は強制保険の額が見積額に入っているかをチェックしたほうがいいでしょう。自分が納付した金額がどのくらいの金額かを知っておけば、間違いはないといえます。それぞれの自賠責保険の料金というのは契約期間によって違ってくるものですから、注意しましょう。車の処分や廃車時には自賠責の名義を変更する必要があります。名義書き換えをせずに放っておいたら保険会社から自分に保険期限の満了の知らせが届いてしまいます。手放すか悩んでいる自動車が多少でも損をせずに手放せることを応援してます。