LINK
損をせずにいい査定で自動車を引き取ってほしいのなら査定に出すをする前に、必ずやっておくべき項目が結構挙げられます。車内をきれいにして、愛車の臭いや汚損を除去しておく作業が重要な点だと思います。売却する自動車の査定を担当するのは人間ですから、「キレイではない自動車だな〜」という印象を与えてしまえば心情としてよい価値判断をしないと思います。車内の臭い、ゴミなどの車内清掃すらされていない汚れている査定車という感想を与えてしまいます。車種に関する問題ではなく査定車を処分するケースについても同じです。第一に、臭いについて代表的な見積額を下げる原因に、たばこ臭が考えられます。自動車の中は非常に狭いところです。そこで煙草を吸ったら、タバコ臭が車内中に蔓延してしまいます。近年では健康ブームがブームのようになっているため、そんな世相もあり考えている以上に下取り額に影響します。売却する車の見積をする前に最低でも消臭商品などのアイテムを利用して手放す車の車内臭を消しておかなければなりません。それと、犬や猫などの臭いは金額にとって重要なポイントになります。日常一緒にいる犬や猫などと愛車に載る自分だと気がつかない事もあるので、自分以外の人に細かい点をしてもらうことが望ましいでしょう。また、汚損に関しては該当する車を引き取った後、自動車の査定店のスペシャリストが自動車を車内清掃をして売るから掃除する必要はない、などと思って査定したら大きく自動車の査定金額を減らされます。年式に比例する汚損はしかたありませんが簡単に除去することができるような汚損に関しては洗車をしたり車内をきれいにして取っておいた方が評価されます。車両にワックスをかけることやトランクの中の整頓なども忘れてはなりません。実のところワックスをかけたり車内の掃除にかかるお金と、汚れているのが原因で見積で引かれてしまう値段を比べると引かれる額のほうがはるかに大きいはずです。大切にしてきた手をかけて持っていた車だろうか?という視点でみると、日頃から洗車をしたり車内清掃をする習慣を付けるということが素晴らしくよろしいのですが引き取り査定を依頼するときの礼儀だと思いますから車の査定に出す前に車内清掃をすることだけは手放す車の売却額を高くしたいと思うのならできるだけやっておくべきことのひとつだといえます。